サーバーorパウチ?生活スタイル別水素水の選び方講座

 

dossier-groot-nl-0149

水素水を生活に取り入れようと考えたとき、

その商品数の多さに面食らってしまうでしょう。

 

数ある水素水ですが、大きく分けて3つのタイプに分けることができます。

 

人気の水素水はサーバー型?!選び方のポイント大公開

dossier-groot-nl-0149水素水には様々なタイプがあります。

 

1、サーバー型:水素水を生成

2、ハンディ型:水素水を生成

3、パウチ、ボトリング型:そのまま飲用

 

健康に必要な量の水素水を十分に生成できる、という面では

サーバー型水素水を利用し、生成しての飲用がおススメです。

 

しかし、もっとも効果のある水素水を生成できるのはどのタイプか。

 

もっともコスとパフォーマンスがよいのはどれか。

 

結局どれを選ぶべきか。

 

徹底的に検証しました。

 

水素水に○○タイプをおススメする一番の理由。

drinking-water

水素水はサーバー型で生成するのがおススメです。

 

理由は、好きなだけ生成できるという理由のほかに、

作りたての高濃度な水素水を摂取できるということです。

 

水素水は、生成してから時間がたつと、空気中に水素が逃げてしまいます。

 

なので、パウチ型やボトリングされた水素水は生成から時間がたっており、

水素水中の水素は飛散。

 

さほど水素量は期待できません。

 

パウチ型水素水は偽物!溶存水素量を信じてはいけない理由

Picture1

パウチ型、ボトリング型の水素水を飲用したことがある人は

思い出してください。

 

裏面にはこう書かれていたはずです、

水素濃度○○ppm(充填時)と!

 

つまり、充填から時間を経た飲用時には、

水素濃度はかなり少なくなっているのです。

 

持ち運べると人気のハンディ型水素水の実力は?

glass-1[1]

では、比較的安価に購入できる、ハンディタイプの水素水生成器はどうでしょう。

 

いつでもどこでも、が売りのハンディタイプ。

 

多くが水とマグネシウムの化学反応によって水素を発生させています。

 

電源を使用せず、手軽に水素水を生成できるのは魅力的です。

 

水酸化マグネシウムを同時に摂取してしまうため、

肝硬変やアルツハイマー、不妊のリスクがあり、

継続的な飲用はさけるべきです。

 

健康のために飲用する水素水で健康を損なってしまっては、

元も子もありません。

 

水素水の生成方法を徹底比較!

yjimage

3つの水素水生成器についての特徴はお分かりいただけたでしょうか。

 

次の図をご参照ください。

 

 タイプ メリット デメリット
サーバー型  ・水素水が高濃度

・作り立てを飲用できる

 ・メーカーによっては費用かさむ
ハンディ型 ・外出でも生成可能

・充電不要

 ・健康被害の恐れあり
 パウチ、ボトリング型  ・手軽 ・ 酸素が抜ける

 

サーバー型水素水の選び方の秘訣大公開!コツは●●

point_01

あなたは水素水になにを求めますか?

 

手軽に生成できても健康被害があったり、

開封して飲むだけであっても水素が含まれていなければ、

それには意味がありません。

 

むしろ高い水、ただの偽物水素水です。

 

サーバー型は、導入時に費用がかかりますが、

ランニングコストがかからず、非常に経済的です。

 

むしろパウチ型や、こまめなカートリッジ購入が必要なハンディ型が

高コストといえます。

 

活性酸素除去ポイントは●●を利用した水素水の継続飲用!

doctor_examination

水素水は長期間継続して飲用しなければ、その効果を感じることはできません。

 

継続的に飲用することを考えると、サーバー型が一番のコストパフォーマンス。

 

水素水はサーバー型で飲用しましょう。

水素水の健康効果を最大限活かす!

 

 

 

コメントを残す