その水素水選び間違ってる?!大切なのは表記高濃度より●●

glass-1[1]

 

アンチエイジングや健康管理に人気の水素水。

 

さまざまな水素水の中から何を選ぼうか、

ポイントは水素濃度だけではありません。

 

【要確認】パウチ型最高濃度3ppmは嘘だった!?

point_01

手軽で人気のパウチ型水素水は、多くが1ppm代です。

 

しかし、中には3ppmの高濃度をうたった

水素水もあります。

 

3ppmのパウチ型水素水を検討しているあなた!

 

ちょっと待ってください。

 

その水素濃度、そのまま体内に吸収されるわけでは

ないのです。

 

パウチ型水素水の水素濃度。1.6ppm以上は嘘!?

bikkuri_01

パウチ型水素水は、製造過程で高圧をかけて

水素を溶存させています。

 

しかし、このパウチ型水素水。

 

開封と同時に水素が飛散してしまい、

飲用時には、1.6ppmを超えることはないのです。

 

また、パウチの品質によっては、接合部や

飲み口、アルミ部分から開封前にすでに酸素が

抜けてしまっているものも・・・。

 

そもそも、水素水は

パウチするのに向いていないのです。

ドンキーの激安水素水でも活性酸素は除去できる?

drinking-water

最近では、量販店や、電気屋さんでも水素水発生器を

見かけることがあります。

 

そうした商品は、かなり安いことが多いです。

 

水素水発生器は、安くても機能するのでしょうか。

 

結論を言うと、水素は発生します。

 

しかし、発生した水素が活性酸素を除去する

水素水に生成されているかは、保証できません。

 

必見!激安水素水発生器の口コミレビュー掲載!

 

Picture1

<27歳 女性>

 

ずっと欲しかった水素水サーバー。

 

ドン・キホーテで安いボトルの発生器を発見!

 

すぐに購入しました。

 

毎日、コンビニで水素水を買っていたので

お得だと思ったのです。

 

使用してみて分かったのは、

カートリッジがすぐダメになってしまって、

交換費用がすごく高いこと。

 

一回交換しただけで、使わなくなりました。

 

こんなことなら、お金をけちらずに

初めからサーバーを買っておけばよかった。

 

家電量販店で水素水ボトル購入!活性酸素は除去できた?

sport

<38歳 男性>

 

健康が気になってきたので、水素水を飲んでいます。

 

家電量販店に行ったとき、安い商品があって、

ポイントが使えたので、よく考えずに買いました。

 

ウォーターボトルになっているので、

普通のペットボトルを持ち運ぶように

簡単に持ち運べます。

 

飲み口は、飲みやすいです。

 

普通の水のままかもしれません。

 

水素が入っているかはわかりません。

 

メーカーは聞いたことのないものでした。

 

パウチよりお得で高濃度!!

 

 

 

 

ポイントは生成濃度?!コスパと効果で選ぶ水素水購入の秘訣

 

 

glass-1[1]

 

 

流行の水素水は、いつでも水素がたっぷり入った新鮮な水素水を飲用できる

サーバータイプがおススメです。

 

しかし、たくさんの水素水サーバーの中から、

本当に効果の高い水素水を生成できるサーバーはどれか

お財布と相談しながら導入できる機種はどれか。

 

家族とライフスタイルを考えて、結局一番いいのはどれなのか

選ぶのは大変難しいといえます。

 

いまから一緒に、あなたにピッタリの水素水サーバーを探しましょう!

 

予算から選ぶ!家計を圧迫しないで水素水を取り入れるには

 

08

 

水素水サーバーには、大きく分けて3つの価格帯があります。

 

予算、ライフスタイルに合わせて最適なものを選びましょう。

 

とことん高性能で高濃度の水素水を!予算30万円の水素水サーバーならコレ!

 

予算30万円。

 

この価格帯のものには、水素水を生成するだけでなく、

水素そのものを吸入できたり、超高濃度の水素水が

生成できたり、とにかく高性能です。

 

代表的な製品に、アキュエラ・ブルーなどがあります。

 

予算内で機能には妥協したくない!一番人気の予算20万円水素水サーバー

DSC1735

水素水サーバで予算20万円は、低価格帯と高価格帯の中間です。

製品によっては、高機能機種が比較的安く手に入るため、人気の価格帯です。

代表的な製品には、ラブリエリュクスなどがあります。

 

はじめてだから予算は少な目。10万円からの水素水サーバー

drinking-water

予算10万円は、水素水サーバーの中では比較的安価です。

 

とはいえ、一度に1.5l程度の水素水を生成できる、

パウチ型やボトリングタイプよりも高濃度の出来立て水素水を飲用できるなど、

サーバーの強みは十分発揮されています。

 

代表的な製品には、ルルドなどがあります。

 

おススメ価格帯の水素水サーバーはどれ?

 

point_01

 

値段の安さだけで決めようとすれば、

水素水を生成するには4,5万円代から簡易な生成器を購入することができます。

 

しかし、それらの機種は

 

・一度に生成できる水素水の量が少ない(500ml程度)

・人体に有害な水酸化マグネシウムが体内に吸収されてしまうことがある

 

などの点から、おススメできません。

 

せっかく水素水をサーバーで導入するのであれば、

長期的に使用していくことを見越して、

十分納得できる良い製品を選びましょう。

 

おススメは中価格帯、予算20万円で使用できる水素水サーバー。

 

中でも、水素吸引機能がついた

ラブリエリュクスが大人気でおススメです。

 

高価な買い物ですから、価格の比較に走るのではなく、

水素水サーバーは機能をよく比較して選びましょう。

 

 

 

水素水の健康効果を最大限活かす!

 

 

サーバーorパウチ?生活スタイル別水素水の選び方講座

 

dossier-groot-nl-0149

水素水を生活に取り入れようと考えたとき、

その商品数の多さに面食らってしまうでしょう。

 

数ある水素水ですが、大きく分けて3つのタイプに分けることができます。

 

人気の水素水はサーバー型?!選び方のポイント大公開

dossier-groot-nl-0149水素水には様々なタイプがあります。

 

1、サーバー型:水素水を生成

2、ハンディ型:水素水を生成

3、パウチ、ボトリング型:そのまま飲用

 

健康に必要な量の水素水を十分に生成できる、という面では

サーバー型水素水を利用し、生成しての飲用がおススメです。

 

しかし、もっとも効果のある水素水を生成できるのはどのタイプか。

 

もっともコスとパフォーマンスがよいのはどれか。

 

結局どれを選ぶべきか。

 

徹底的に検証しました。

 

水素水に○○タイプをおススメする一番の理由。

drinking-water

水素水はサーバー型で生成するのがおススメです。

 

理由は、好きなだけ生成できるという理由のほかに、

作りたての高濃度な水素水を摂取できるということです。

 

水素水は、生成してから時間がたつと、空気中に水素が逃げてしまいます。

 

なので、パウチ型やボトリングされた水素水は生成から時間がたっており、

水素水中の水素は飛散。

 

さほど水素量は期待できません。

 

パウチ型水素水は偽物!溶存水素量を信じてはいけない理由

Picture1

パウチ型、ボトリング型の水素水を飲用したことがある人は

思い出してください。

 

裏面にはこう書かれていたはずです、

水素濃度○○ppm(充填時)と!

 

つまり、充填から時間を経た飲用時には、

水素濃度はかなり少なくなっているのです。

 

持ち運べると人気のハンディ型水素水の実力は?

glass-1[1]

では、比較的安価に購入できる、ハンディタイプの水素水生成器はどうでしょう。

 

いつでもどこでも、が売りのハンディタイプ。

 

多くが水とマグネシウムの化学反応によって水素を発生させています。

 

電源を使用せず、手軽に水素水を生成できるのは魅力的です。

 

水酸化マグネシウムを同時に摂取してしまうため、

肝硬変やアルツハイマー、不妊のリスクがあり、

継続的な飲用はさけるべきです。

 

健康のために飲用する水素水で健康を損なってしまっては、

元も子もありません。

 

水素水の生成方法を徹底比較!

yjimage

3つの水素水生成器についての特徴はお分かりいただけたでしょうか。

 

次の図をご参照ください。

 

 タイプ メリット デメリット
サーバー型  ・水素水が高濃度

・作り立てを飲用できる

 ・メーカーによっては費用かさむ
ハンディ型 ・外出でも生成可能

・充電不要

 ・健康被害の恐れあり
 パウチ、ボトリング型  ・手軽 ・ 酸素が抜ける

 

サーバー型水素水の選び方の秘訣大公開!コツは●●

point_01

あなたは水素水になにを求めますか?

 

手軽に生成できても健康被害があったり、

開封して飲むだけであっても水素が含まれていなければ、

それには意味がありません。

 

むしろ高い水、ただの偽物水素水です。

 

サーバー型は、導入時に費用がかかりますが、

ランニングコストがかからず、非常に経済的です。

 

むしろパウチ型や、こまめなカートリッジ購入が必要なハンディ型が

高コストといえます。

 

活性酸素除去ポイントは●●を利用した水素水の継続飲用!

doctor_examination

水素水は長期間継続して飲用しなければ、その効果を感じることはできません。

 

継続的に飲用することを考えると、サーバー型が一番のコストパフォーマンス。

 

水素水はサーバー型で飲用しましょう。

水素水の健康効果を最大限活かす!