ラブリエリュクスより人気?美味しい水素水ならキヨラビ?

sport

 

 

水素水で手軽に活性酸素を排出させたい。

 

健康やエイジングケアに関心が高い人たちは

すでに水素水習慣を始めています。

 

最近の人気は、パウチ型よりもサーバー型水素水

 

サーバー型水素水に人気がシフトしていったのは

なぜなのでしょうか。

 

水素水の質で選ぶなら、絶対サーバー型!その理由は?

point_01

パウチ型で購入した水素水と、

サーバーで自分で作った水素水。

 

水素水として質が高いのは断然サーバーです。

 

理由は原料水の質と、水素濃度。

 

原料にどのような水を使っているか、

水素はきちんと、高濃度に溶存できているか。

 

パウチ型の水素水で、質の高い水を使い、

濃度の高い水素水を提供することは、大変難しいです。

 

コストパフォーマンスでもサーバー型が優勢?!

Picture1

また、原料水を質の高いもので水素水を

作ろうとすると、ランニングコストがかなりかさみます。

 

サーバー型よりお得かな、と考えてパウチ型を

購入した人は、予想外の出費をしてしまうことになります。

 

口コミ高評価はパウチよりサーバー型水素水へ!?

whisper-e1309441291696

こういった理由から、水素水自体、パウチ型よりも

サーバー型に人気が移ってきています。

 

それとともに、パウチ型水素水の購入者も激増。

 

なかでも、ラブリエリュクスは、全水素水商品のなかで

売上1位を獲得するほど大人気です。

 

 

パウチ型人気のキヨラビ、浸みわたる水素水の実力は?

yjimage.

パウチ型水素水は、水素濃度だけでなく、

原料水の質もとても重要です。

 

人気は、名水と呼ばれる水を使用した水素水。

 

例えば、名水の誉れ高い熊本の菊池渓谷

 

こちらの名水を使用したキヨラビや浸みわたる水素水は、

とても美味しいと購入者に大好評です。

 

楽天1位の実力!だから選ばれるパウチ型水素水は

brown-18335_1920

同じ取水地の原料水を使用した二つの水素水ですが、

おススメは浸みわたる水素水

 

というのも、水素水にとってとても重要な水素濃度が

キヨラビは1.23ppm

一方、浸みわたる水素水は2.2~2.8ppm

 

これは、パウチ型水素水のなかでもダントツ高濃度です。

 

ちなみにこの水素濃度、

浸みわたる水素水は充てん時水素濃度、

キヨラビは平均溶存量。

 

しかし、浸みわたる水素水は、平均溶存量でも

水素濃度1.8ppm超と、高い水素濃度を示しています。

 

水素水に大切なのは、原料水と水素濃度?!

brown-15723_1920

しかし、コストを考えると水素水はサーバー型がおススメです。

 

なかでも一番のおススメはラブリエリュクスです。

 

毎日生成する手間がなく、必要な時に

すぐ高濃度水素水が飲める。

 

それが健康への近道です。

 

水素水全商品人気第1位というのも、うなずけますね。

 

水素水なら業界NO.1の高濃度水素水!

 

コメントを残す