寝起きすっきり!改善すべきは睡眠時の●●だった!

 

すっきりした寝覚めには、良い睡眠が大きく関わっています。

良い睡眠を取るためにはいくつかポイントがありますが、

ここでは、睡眠時の環境についてお伝えします!

 

朝すっきり起きるための寝室の温度は?

 

[speech_bubble type=””drop”” subtype=””L1″” icon=””B.png”” name=””二度寝男 さん””] 最近、朝起きられないんだ[/speech_bubble]

[speech_bubble type=””drop”” subtype=””R1″” icon=””A.png”” name=””寝起良子 さん””] 睡眠の質を見直すことで、スッキリ起きられるようになることがあるわよ[/speech_bubble]

[speech_bubble type=””drop”” subtype=””R1″” icon=””A.png”” name=””寝起良子 さん””] 寝室や布団の状態を整えると、熟睡感と、朝起きた時の爽快感が得られるの[/speech_bubble]

[speech_bubble type=””drop”” subtype=””L1″” icon=””B.png”” name=””二度寝男 さん””] しらなかった![/speech_bubble]

[speech_bubble type=””drop”” subtype=””L1″” icon=””B.png”” name=””二度寝男 さん””] どのような環境で眠ればいいのかな?[/speech_bubble]

[speech_bubble type=””drop”” subtype=””R1″” icon=””A.png”” name=””寝起良子 さん””] 室温は26度くらい、湿度は50〜60%にして、あとはパジャマや寝具の工夫で快適な温度にするのがおすすめよ。[/speech_bubble]

[speech_bubble type=””drop”” subtype=””R1″” icon=””A.png”” name=””寝起良子 さん””] 室温が高すぎると寝付きが悪くなったり、脳があまり休まらないの。逆に室温が低すぎると、睡眠後半の浅い眠りが減って、起きにくくなるのよ。[/speech_bubble]

[speech_bubble type=””drop”” subtype=””L1″” icon=””B.png”” name=””二度寝男 さん””] そうだったんだ!快適さを得るだけじゃなくて、室温が眠りの質に関係してたんだね![/speech_bubble]

 

ぐっすり眠るために、寝室の明るさは、騒音はどうする?

 

[speech_bubble type=””drop”” subtype=””L1″” icon=””A.png”” name=””寝起良子 さん””]光環境も大事よ。光は眠っている間も脳に届いて、睡眠を邪魔するからね。カーテン越しの光や、月明かり、足元の豆電球くらいなら問題ないけど、電気を付けたまま寝ては睡眠によくないわ[/speech_bubble]

[speech_bubble type=””drop”” subtype=””R1″” icon=””B.png”” name=””二度寝男 さん””] 近所の騒音が気になって眠れないこともあるんだけど…[/speech_bubble]

[speech_bubble type=””drop”” subtype=””L1″” icon=””A.png”” name=””寝起良子 さん””]そうね。騒音が多いと、眠りが浅くなって、すっきり起きられないわよ。[/speech_bubble]

 

パジャマにもあった!快眠の秘訣

 

[speech_bubble type=””drop”” subtype=””L1″” icon=””B.png”” name=””二度寝男 さん””] パジャマなんかは、睡眠の快適さに関係するのかな?[/speech_bubble]

[speech_bubble type=””drop”” subtype=””R1″” icon=””A.png”” name=””寝起良子 さん””] 皮膚がこすれやすいような素材だと、安眠の妨げになるわよ。あと、肌触りが良いと、気持ちよく眠りに入れるわ[/speech_bubble]

 

 

すっきりした目覚めを得るためには、睡眠環境が大切です。

寝室を整え、お気に入りのパジャマを着て、

快適な睡眠を手に入れ、気持ちの良い朝を迎えましょう!

 

 

すっきりした目覚めをサポートする睡眠サプリは⇒こちら

睡眠前にとっておきのリラックスを!今日から簡単ぐっすり●●式

” 

 

朝に弱くてなかなかすっきり起きられず、苦労している方の中には

睡眠そのものに問題を抱えている人もいます。

 

ここでは、心地よい眠りを得ることで、

すっきりした目覚めを得る方法を探ります。

 

 

スッキリ起床のための睡眠には●●が大事!!

 

 

忙しい現代社会では、睡眠時間を確保しようと、

逆に無理が積み重なってしまっている人も多いかもしれません。

 

しかし、睡眠で大事なのは、「時間」よりも「質」。

 

質の良い睡眠であれば、短い時間でも

すっきりとした目覚めを得ることができるのです!

 

そして、睡眠の質には、心の安らぎ度合いが大きく関係。

 

ストレスや心配が積み重なり、よく眠れない方、

こうした心の疲れが積み重なってしまったときは

自分にあったリラックス方法でリフレッシュ。

 

よい眠りとよい目覚めの両方を手に入れましょう!!

 

 

当たり前すぎで盲点だったリラックス方法、●●やってますか?

 

 

突然ですが、腹式呼吸はされていますか?

 

普段、呼吸について意識されていない方、

腹式呼吸をしてみましょう!
腹式呼吸は、横隔膜を上下させる呼吸法です。

 

やり方は、

 

まず、口からゆっくり息を吐き出しましょう!

 

空気は、体中から空気を出し切るように、

ゆっくりと時間をかけてはくのがコツです。

 

そのあと、鼻からゆっくり息を吸い込みましょう!

おへその下に空気をためるように、お腹を膨らませて。

 

 

ここ大切なのはよいイメージを持ちながらすること。

 

すなわち、息を吐くときは、

イライラや不安をすべて吐き出すように、

 

吸うときは、

森林などのきれいな空気を胸いっぱい吸い込む気持ちで

呼吸をしましょう!

 

この腹式呼吸はリラックス効果をもたらします。

 

リラックスは安眠の何よりの助け。

 

心と身体をゆったりと解きほぐし、心地良い眠りを手に入れましょう!!

 

 

リラックス後の睡眠サポート。ぐっすり眠れる睡眠サプリは⇒こちら

健康

二度寝常習者限定!これさえすれば起きられる5つの方法

 

寝る準備が整っても目がさえて眠れない…。

 

朝起きるのがつらくて寝坊、二度寝してしまう…。

 

ぎりぎりに飛び起きて、急いで身支度、

急いで会社や学校に向かうのはつらいものです。

 

ここでは、二度寝による寝坊を防ぐコツをお教えします。

 

1、●●をひっぱってみてください!

 

 

耳を引っ張ることで、脳が刺激され、目が覚めるという説があります。

 

やり方は簡単です!

 

  1. 耳たぶを下にゆっくり3秒ひっぱって指を離す!
  2. 1を4,5回繰り返す!
  3. 耳全体を揉んだり揺らす!

 

全身の血行が促され、目が覚めてきます。

 

2、●●を出してみてください!

 

 

目が覚めたら、大きな声を出しましょう!

 

なかでも「起きるぞー!」などの言葉が、

自分の耳から届くことで、行動に移そうという気持ちになるため、

良いとされます。

 

刺激を与える、という意味では言葉は何でもよいので、

とにかく叫びましょう!

 

歌を歌うのも有効です!!

 

3、●●を工夫! 日替わりで変えましょう!

 

 

アラーム音を日替わりにすることも有効です!

 

毎日同じアラーム音だと慣れてしまい、認識しにくくなってしまうのです。

 

あまり心地よいものではありませんが、

アラーム音に不愉快な音を選ぶのも方法のひとつです。

 

また、目覚まし時計は、立ち上がらないと止められない場所に置きましょう。

 

4、寝る前は●●をやってみて!

 

 

寝る前にカーテンを開けておきましょう。

 

人間の体内時計は、25時間と、24時間から1時間ずれています。

 

このずれを補正するのが、太陽の光

 

朝起きたらカーテンを開けるのがベストですが、

自信がない人は、朝日がよく差し込むように、

カーテンを開けて眠るのはどうでしょうか。

 

5、起きたらすること!●●を飲む!

 

 

寝起きでボーっとした頭をスッキリさせる一杯の

 

寝ている間に排出した水分を補い、健康的な一日を始めるのにとても有効です。

 

起きたらまず一杯の水を!

 

冷え性の方などは、白湯にするのも良いでしょう。

 

さまざまな工夫をすることで、二度寝をふせぎ、

すっきり目覚めることができます。

 

ぜひ今晩から取り入れてください!!

 

すっきり目覚めによく効く睡眠サプリは⇒こちら

どうしたら眠れる?これを食べてすっきり眠ろう!

 

コーヒーなどに含まれるカフェインが寝付きを妨げることはよく知られています。

 

では、「よく眠れる食べ物」もあるのでしょうか。

 

ここでは、眠気を導くシステムに眼を当て、よく眠る食べ物を探ってみたいと思います。

 

知らなかった!食事と眠気にはこんな関係がある!

 

 

眠気は、体温と大きく関係しています。

 

体温が下がるタイミングに合わせて眠気が発生するため、

就寝時間が近づいたら、体温を上げないように注意することが必要です。

 

通常であれば、夜になると、1度ほど体温が下がり、眠くなります。

 

しかし、なんらかの原因で夜になっても体温が下がらないと、

眠気を感じることができず、「眠れない」という悩みを抱えることになるのです。

 

 

夜になっても体温が下がらない原因はさまざまですが、

食事もその一つです。

 

胃の中に食べ物が残っていると、消化活動を行うため、体温が下がりにくいのです。

 

なので、消化に時間がかかる食べ物は、胃に滞留する時間が長く、

睡眠を妨げる原因になります。

 

胃の滞留時間は、消化の早い果物が1時間程度なのにくらべ、

揚げ物ステーキなどは、4時間にものぼり、眠気を妨げる原因になります。

 

 

すっきり寝覚めに影響!睡眠に適した食事の時間はいつ?

 

 

心地よい眠気で眠りにつくためには、就寝3時間前には食事を終わらせるのが望ましいです。

 

食事直後の、食べ物が胃の中にたくさん残った状態では、睡眠をとっても眠りが浅くなります。

 

眠りが浅いと、脳と身体の疲労回復が十分に行われず、

すっきりとした寝覚めを妨げる原因になります。

 

飲酒も、寝付きが良くなると言う人もいますが、

睡眠中の眠りは浅くなってしまうので、控えましょう。

 

 

眠れない夜には音楽を聴こう!おすすめ音楽は⇒こちら

 

 

 

 

 ”

健康

寝起きスッキリ!快適な目覚めのポイントは●●

” 

 

早起きは三文の徳ということわざがあります。

 

得でなく、「徳」ですが、意味としては、朝早く起きると良いことがあるということ。

 

とはいえ、寝起きが悪い人に取っては、早起きは辛いもの。

 

寝起きすっきり対策で早起き習慣に近づきましょう!

 

 

寝起きすっきり!目が覚めたらまず●●!

 

 

目覚まし時計がなっても、すぐに布団から起き上がるのは大変です。

 

そんなときは、寝たままできるお目覚めストレッチ

身体と頭の目覚めを導きましょう!

 

 

お目覚めストレッチがよい理由は?

 

寝ている間は、寝返りを打たない限り、姿勢は固定、

起きるまでには、かなり身体が凝っていることがあります。

 

寝ている間に凝り固まった身体を解きほぐすのが、

お目覚めストレッチです。

 

 

こんなアナタ。今すぐお目覚めストレッチを試して!

 

 

以下の項目にひとつでもあてはまるアナタ。

今すぐお目覚めストレッチを試してみてください!

 

  • 目は覚めても、起き上がることができない
  • 目覚まし時計がなっても、布団から出られない
  • 布団でぐずぐずしている内に、時間がすぎていく
  • 気付いたら二度寝している
  • 低血圧ですっきり起きられない
  • 高血圧で、いきなり起き上がらない方がよい

 

お目覚ストレッチってどんなことをする?

 

お目覚めストレッチは、寝起きの悪さや身体のだるさ、

寝ている間の身体の凝りや痛みをすっきりさせる簡単体操です。

 

1、まず深呼吸しましょう!

 

 

起きたばかりでぼんやりする頭へ酸素を送りましょう!

 

頭をすっきりさせるには「鼻呼吸」が有効です。

 

逆に鼻づまりで頭がぼーっとすることを思い出すと、

鼻呼吸のすっきり効果がお分かりいただけるのではないでしょうか。

 

特に、鼻づまりを起こしやすい方、睡眠中に口呼吸になりがちな方は

寝起きの鼻呼吸で、かなりのスッキリを体験いただけるでしょう!

 

【お目覚め鼻呼吸のやり方】

 


1、起きたばかり、寝転んだ状態で鼻から息をいっぱいに吸い込む!

胸もお腹も呼気でいっぱいになるくらい吸い込んでください!

2、全部吐き出す!

胸からもお腹からも、体中がぺちゃんこになるくらい吐き出してください!

3、1、2を10回繰り返す!

体中にたっぷり酸素が行き渡り、頭もスッキリしてきます。

 

2、布団の中で身体を伸ばす!

 

背中、腕を中心に伸びをしましょう。

 

伸びをする時は、こむら返りや腰の反りに注意してください。

 

こむら返りや腰痛の発生をふせぐために、

膝は立てて行いましょう!

 

3、うつぶせ起き

 

 

せっかくなので、起き上がるときもストレッチを取り入れましょう!

 

1、うつぶせになり、ひれ伏した状態から四つんばいになる。

2、胸、腹を床に近づけ、猫のように伸びをする。

3、そのまま、腰から巻き上げるように正座になる。

※このときも腰痛を起こさないよう、無理は禁物です。

 

起き上がったら、簡単にラジオ体操のような運動をするのがおすすめです。

 

時間に余裕がない方は、簡単な屈伸、腰のひねりなどすると、

身体が刺激され、完全に活動モードになっていきます。

 

 

すっきりしない朝にお目覚めストレッチを取り入れ、

明日からさわやかな目覚めを手に入れましょう!

 

寝る前のスッキリ対策!人気の睡眠サプリは⇒こちら

 

 ”

決定版!何をしても眠れなかったあなたに送る快眠音楽10選

” 

 

なかなか寝付けないときは、リラックスできる音楽を聴くことで

入眠できることがあります。

 

ゆっくり眠れる音楽を聴いて、心地よい眠りを手に入れましょう。

 

 

聴くだけで快眠!やはりおススメはモーツアルト??

 

 

昔から、モーツアルト曲がよい眠りをもたらすとは、

よく言われています。

 

その真相はというと、モーツアルト曲は、人間をリラックスさせる

副交感神経を活発にさせるということ。

 

音楽自体、副交感神経を活発にさせる作用に富んでいますが、

なかでもモーツアルトのバイオリン曲やピアノ曲は

副交感神経を活発にさせる高周波音が多く登場します。

 

その高周波音が、脳神経を刺激し、副交感神経を活発化させて

脳をリラックス、眠りへと導くのです。

 

 

科学的根拠あり?!よく眠れる1曲、その効果は??

 

 

音楽による治療、改善効果を狙った「音楽療法」

さまざまな分野で行われています。

 

当然睡眠にも用いられているこの音楽療法。

 

作曲家のマルコニ・ユニオンがイギリス音楽療法学会と合同で制作した1曲、

「無重力(ウエイトレス)」が、

世界一リラックスできる音楽として、科学的に認められています。

 

2011年の40人の被験者を対象とした実験では、

ストレスレベルの軽減が認められ、

心拍数や血圧、ストレスホルモンであるコルチゾール値を下げる効果が証明されました。

 

 

日替わりで楽しみたい!眠れない時に聴く音楽は?

 

 

定番モーツアルトや、先に述べた「無重力」など、

安眠を導く音楽を集めました。
[table id=1 /]

 

 

眠れない夜の、お気に入りの一曲を見つけ、

心地よい眠りを手に入れましょう!!

 

 

睡眠改善はサプリメントの併用がおススメ!安眠サプリは⇒こちら

健康

体内時計の乱れを整える10箇条

 

人間が夜になると自然と眠たくなる理由の一つに、

体内時計の働きがあります。

 

体内時計とは一体どんなものなのでしょう。

 

 

仕組みを知って上手に眠ろう!睡眠に至るための2つの働きとは?

 

 

睡眠は、大きく分けて2つの仕組みによってもたらされます。

 

一つ目は、疲れたから眠くなるという、「恒常性維持機構」による眠気。

 

二つ目は、夜になると眠くなる、「体内時計機構」による眠気です。

 

1、疲れたから眠くなる!恒常性維持機構

 

 

疲れたから眠くなるのは、

起きている間の疲れが脳にたまり、脳の活動が低下するから。

 

とても疲れた翌日に寝過ごしてしまうのはこのためで、

睡眠の量は起きていた時間や疲れに比例します。

 

2、夜になるから眠くなる!体内時計機構

 

 

一方、夜になると自然に眠くなるのは、体内時計の仕組みです。

 

覚醒状態と休息状態を切り替える体内時計の働きにより、

たっぷり寝た翌日でも、夜になると眠たくなります。

 

体内時計は1日周期でリズムを刻んでいます。

 

しかし、この体内時計を正しく動かすためには、

「メンテナンス」が必要。

 

そのためには、毎朝光を浴びて、体内時計をリセットすることが大切です。

 

体内時計の乱れは不眠の原因の一つです。

 

体内時計を整えてよい眠りを手に入れましょう!

 

体内時計の乱れを整える10箇条

 

 

体内時計の乱れを整えるには、生活習慣を改善しましょう!

 

そのためには、以下の方法が有効です。

[table id=2 /]

 

それでも眠れない時に。睡眠改善サプリは⇒こちら

健康

寝つきが悪い人がすっきり目覚めるためのリラックス睡眠法

” 

 

寝付きがよいと翌朝すっきり起きられます。

 

よい目覚めを迎えるためにはどうすればよいのでしょうか?

 

よい目覚めのためには、夜眠るときの工夫が役立ちます。

 

寝つきを改善すると、質の良い眠りが得られ、

それがよい目覚めに繋がるためです。

 

 

賢く起きよう!寝る前に試せる快眠方法は?

 

 

効果的なのはアロマテラピー。

 

睡眠時にリラックスをもたらすおススメの香りは

[table id=1 /]

 

 

香りを楽しむだけじゃない!まだあるアロマの快眠効果

 

とても良い香りでリラックスをもたらすアロマですが、

効果は香りだけではありません。

 

香りとして鼻から脳に伝わる以外にも、

呼気と一緒に肺から吸収されたり、皮膚から吸収されたり、

さまざまな方法で身体に吸収され、

身体の中をめぐって、効果を発揮します。

 

 

アロマキャンドルにはこんな効果も!

 

なかでも、流行のアロマキャンドルには、特別なリラックス効果があります。

 

キャンドルのゆらゆらゆれるほのかな灯りは、

ぼんやりと眺めているだけで脳をリラックスさせます。

 

また、アロマオイルをたらして熱するアロマポットも

キャンドルで熱するものや、

温かみのあるオレンジ色の灯りを使用したものなど、

おしゃれなものがたくさんあります。

 

これらは、どれも眺めているだけで幸せな気分になりますね。

お気に入りのアロマキャンドル、アロマポットを

お部屋で炊くのもおススメです。

 

 

寝る前にはキャンドルを消しましょう。おススメ睡眠サプリは⇒こちら

体内時計の乱れと不眠に打ち勝つ!安眠のポイントは2つ

” 

 

人間には、体内時計が備わっているといわれます。

 

朝になると目が覚め、活動し、夜になると眠たくなるという生活サイクルは、

体内時計によって導かれています。

 

この体内時計のリズムがなんらかの原因で狂ってしまうと、

夜になっても眠たくならない、朝になっても起きられないという、

つらい不眠に悩まされます。

 

不眠を改善するためには、生活習慣を

どのように改善したらよいのでしょうか。

 

 

朝晩の●●が睡眠に効果的!

 

 

軽い運動を行うことは、睡眠によい効果をもたらします。

 

特に、朝は太陽の光が刺激となって体内時計を調整し、

1日のサイクルを整えます。

 

この時間帯には、身体が覚醒しきっていないため、

ラジオ体操などの軽い運動や散歩を行いましょう!

 

夕方以降には、軽いジョギングや水泳などの、汗ばむ程度の

有酸素運動が効果的です。

 

適度な疲労感と、身体の発熱(熱の発散)は、

眠るのに適した身体深部の体温低下につながります。

 

こうした運動は、習慣的に行うことが大切です。

 

毎日は難しくても、週に何回、と決めて、楽しみながら続けましょう。

 

 

安眠を導くための入浴!ポイントは温度だけじゃなった!

 

 

ゆっくり眠るためには、副交感神経を活性化させる

40℃くらいのお風呂に30分くらいつかるのが理想的です。

 

心身のリラックスが安眠のコツですが、

お風呂の温度以外に、「香り」も効果的に利用してください。

 

例えばストレスがたまっているときはラベンダーやカモミール、

落ち込んでいるときはジャスミンやペパーミントなど。

 

入浴剤などを上手に使って、睡眠に適したバスタイムを過ごしましょう。

 

 

ゆっくり入浴。ぐっすり睡眠サプリは⇒こちら

健康

一目瞭然!読めばわかる恐ろしい睡眠薬の真実はココに!

 

眠れない日が続くと、睡眠薬を服用してみようと考えることもあるでしょう。

 

しかし、睡眠薬には副作用に対する怖いイメージがあります。

 

ここでは、睡眠薬の副作用についてまとめました。

 

日本ではどんな睡眠薬が使われているの?副作用は??

 

 

現在、日本で用いられている睡眠薬には、

ベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系の二つの系統の睡眠薬があります。

 

睡眠薬にはさまざまな副作用が…

 

ベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系を問わず、

主な副作用は以下のとおりです。

 

  • 寝起きが悪くなる
  • 日中ぼんやりしてしまう
  • ふらつく
  • 脱力感がある
  • 頭重感がある
  • 倦怠感がある

 

睡眠薬の副作用の原因は?

 

これらの副作用が起こる原因には、以下のものがあります。

 

  1. 覚醒時間まで続く睡眠薬の作用
  2. 睡眠薬に含まれる筋弛緩作用

 

これらの副作用対策としては、

作用時間の短い睡眠薬を服用したり、

筋弛緩作用の弱い睡眠薬を服用することで、

副作用を防ぐことができます。

(ただし、当然効果も減少します)

 

 

広く使われている睡眠薬。副作用についての情報公開は「?」

 

 

 

現在日本で広く用いられている睡眠薬は、ベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系です。

 

これに、かつてはバルビツール酸系の睡眠薬が用いられていました。

 

バルビツール酸系の睡眠薬は、依存性が問題となっていましたが、

現在使用されているベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は、

以前より依存度が低くなっています。

 

 

製薬会社などの公開情報では、「依存性はない」と書かれていることが多いですが、

実際は、長期の服用を禁止しており、

依存性があり、医師の処方がない限り、服用は控えるべきです。

 

薬品の副作用に関する情報はあまり公開されない傾向があります。

 

表現はぼかされているにしろ、副作用があることには変わりありません。

 

睡眠薬の服用には十分注意しましょう。

 

 

不眠になったらまず試したい!睡眠サプリは⇒こちら

健康