水素水はデメリットばかり!?マルチの温床に潜む悪とは

glass-1[1]

 

 

健康やアンチエイジング、ダイエットに効果があると

大人気の水素水。

 

しかし、購入には注意が必要です。

 

というのも、人気のサーバー型には

マルチ商法やねずみ講があり、

パウチ型には水素が含まれていないものもあるからです。

 

このように、品質や流通に

大きな疑問もある水素水。

 

安心して、高品質のものを飲むには

どう言った点に気を付ければよいのでしょうか。

 

ネズミ講はサーバー型に多い?!高額商品の購入時は要注意

St.-Catharines-landlords-Niagara-Falls-Landlords-tenants

まず、サーバー型の購入を考えている場合、

きちんと購入元を確認する必要があります。

 

水素水だけでなく、健康関係の商品は

マルチ商法やねずみ講の格好の的。

 

きちんとした会社でないと

アフターフォローが受けられず、

クーリングオフなどができない場合もあるのです。

 

また、訪問販売で購入するのも

注意が必要です。

 

自宅にいる安心感から、

つい買ってしまいそうになりますが、

本当に信頼できる会社なのでしょうか?

 

くれぐれも即決することはやめましょう。

 

水素水サーバーは、サーバーの品質もさることながら、

どこから購入するかがとても大切。

 

信頼できないメーカーの商品では、

きちんとした水素が溶存された

水素水は作ることはできないでしょう。

 

水素水サーバーはシンプルなつくりだからこそ、

飛散しやすい水素をきちんと溶存させる

必要がある器械なのです。

 

効果だけでなく安全性もチェック!賢い水素水の選び方

point_01

サーバーを選ぶ際は、水素の溶存量だけでなく、

安全性、衛生面も注意が必要です。

 

カートリッジを使うタイプの場合、

交換のタイミングはいつなのか。

 

また、カートリッジ内に雑菌などが

繁殖する可能性はないのか。

 

こういった点には十分注意する必要があります。

 

また、これは、ボトルタイプの水素水にも同様です。

 

持ち運びが可能なボトルタイプの水素水の場合、

マグネシウムなどで水素を発生させる

タイプが多いです。

 

この水素発生に使われるマグネシウム、

人体への影響はないのでしょうか?

 

使われているマグネシウムは

メーカーにより様々です。

 

安全で、水に溶けることのないものかどうか、

きちんと確認するようにしましょう。

 

水に微量でも溶け出してしまうと、

健康被害の恐れがあるので、

充分な注意が必要です。

 

本当に水素が溶存しているかはどうやってわかる?

sport

サーバー型やボトルタイプだけでなく、

人気の水素水にパウチ型があります。

 

しかしこのパウチ型。

 

表記されている水素量が含まれていないと

国民生活センターから注意喚起されたものもある、

要注意製品です。

 

パウチ型の水素水の水素濃度に

疑念が生じてしまう理由は、

水素が簡単に飛散してしまうから。

 

パウチ型水素水を選ぶときは、

水素が飛散しないタイプの

きちんとしたパウチを選ぶようにしましょう。

 

 

コメントを残す